幡多地域(四万十市・宿毛市・土佐清水市・黒潮町・大月町・三原村)にお住まいの方のための消費生活に関する情報サイト
幡多広域消費生活センター
トラブル事例
「戦時中の苦労話を聞かせてほしい」と来る"高額本"の訪問販売
相談内容詳細
「戦時中の苦労話を聞かせてほしい」と、突然男性が来訪した。
初めは玄関で対応していたが、メモを取るのに家に入れてくれと言われ、座敷に通した。
2時間ほど話した後、「今の話を記事にして載せた本を作るので、買わないか」と急に本の購入を勧められた。
6万8千円と高額だったが、自分の話を長時間熱心に聞いてくれた相手に対し、断るのは悪いと思い、2万円を申込金として支払った。
以前出席した行事の名簿を使って、他の出席者にも勧誘をしていたことが後日わかった。
不審なので、解約したい。
(70歳代 男性)
アドバイス
【ひとこと助言】
  • 「戦時中の話を聞きたい」と、あたかも取材だけが目的であるかのように高齢者宅を訪問し、長時間話を聞き、断りにくい状況にした上で、体験談を載せたと称する本を高額で売りつける、というトラブルが発生しています。
  • このほかにも、シベリア抑留時の苦労話、国鉄職員や教員の時の体験談など、本のテーマは様々です。
  • 長い時間話を聞いてくれたからと言って、相手に遠慮することはありません。
    必要がなければきっぱりと断りましょう。
  • 見知らぬ人を家に上げることに対しては慎重に判断しましょう。
  • 契約してしまっても、法律で定められた契約書面を受け取ってから8日以内 であればクーリング・オフが可能です。


***************************************************************************************
ここに掲載する相談事例は、一つの参考例として掲載するものです。
同じようなトラブルであっても、個々の契約等の状況や問題発生の時期などが異なれば、解決内容も違ってきます。
▲ページのトップへ
幡多広域消費生活センター
〒787-0012 四万十市右山五月町8番32号 ( 四万十市立働く婦人の家 1階)
TEL:0880-34-6301 FAX:0880-34-6295
Copyright (C) 2017  幡多広域市町村圏事務組合 All Rights Reseved.