幡多地域(四万十市・宿毛市・土佐清水市・黒潮町・大月町・三原村)にお住まいの方のための消費生活に関する情報サイト
幡多広域消費生活センター
トラブル事例
「新規開店」「景品」につられ温熱器を買わされた
相談内容詳細
自宅に男が「近くに介護用品の店を新しく開くので話を聞いて」と訪ねてきた。
外に出ると近所の人も集まり、ふきんなどをもらった。
さらに「別の場所へ行けばもっとよいものを渡す」と、1キロ先の民家に車で連れて行かれた。
戸が閉められ営業員数人が後ろに並び、帰れない雰囲気になった。
景品を貰った後、湯治で有名な温泉の話が始まった。「そこの湯の花と同じ成分が入った温熱器を使えば、足腰の痛みが取れる」と繰り返し説明され、23万円もする温熱器を契約してしまった。
アドバイス
【ひとこと助言】

  • 「新規開店の宣伝」を口実に声をかけ、「タダでものをあげる」と車で遠くの会場に連れて行き、いろいろなものを配ります。
    得した気分にさせ、周りの雰囲気に巻き込むようにし、最後に高額な商品を買わせる商法です。
  • 「格安」「無料配布」で誘われても、安易に会場に行かないことです。
  • クーリング・オフできるケースもありますので、早めにお住まいの自治体の消費生活センター等にご相談ください。


▲ページのトップへ
幡多広域消費生活センター
〒787-0012 四万十市右山五月町8番32号 ( 四万十市立働く婦人の家 1階)
TEL:0880-34-6301 FAX:0880-34-6295
Copyright (C) 2017  幡多広域市町村圏事務組合 All Rights Reseved.