幡多地域(四万十市・宿毛市・土佐清水市・黒潮町・大月町・三原村)にお住まいの方のための消費生活に関する情報サイト
幡多広域消費生活センター
トラブル事例
「安い!」と思い購入決めた物干し竿が〇万円!?
相談内容詳細
「2本で1000円」と呼びかけながら巡回している業者を自宅前で呼び止めて、物干し竿2本を注文しました。
長さ調節もしてくれるとの事で任せていたら、切った後で「1本2万円」と請求された。
話が違うと断りましたが、怖くなって払ってしまった。
解約はできないだろうか。
(70代 女性)
アドバイス
通常、自分から業者を呼び止めて契約した場合は、訪問販売には当たらず クーリングオフはできませんが、拡声器の呼びかけを聞いて呼び止め、その 場で呼びかけていたもの以外の商品を購入した場合は、クーリングオフできると考えられます。

ただし、自動車等に物品を陳列し、消費者が自由に商品等を選択できる状況 の場合には、店舗販売と考えられ、クーリングオフの対象とはなりません。
消費者契約法の不実告知や民法の錯誤による無効を主張することも可能ですが、ただ難しいのは、正式な販売業者の名称や住所がわかること が前 提条件になるという点です。

訪問販売では事業者は、事業者名や所在地など法律で定められた内容を記載した契約書面を渡す義務があります。
しかしこのようなケースでは、 領収書すら渡されないことがほとんどです。
連絡先がわからなければ、被害回復を図ることは困難です。


***************************************************************************************
ここに掲載する相談事例は、一つの参考例として掲載するものです。
同じようなトラブルであっても、個々の契約等の状況や問題発生の時期などが異なれば、解決内容も違ってきます。
▲ページのトップへ
幡多広域消費生活センター
〒787-0012 四万十市右山五月町8番32号 ( 四万十市立働く婦人の家 1階)
TEL:0880-34-6301 FAX:0880-34-6295
Copyright (C) 2017  幡多広域市町村圏事務組合 All Rights Reseved.